記憶の欠片を集めましょう。

今まで見逃してきた瞬間を取り戻すために。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ  

いつもポチッとありがとう♪

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

忘却Ⅱ

忘却Ⅱ


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ  

いつもポチッとありがとう♪

テーマ:コニカミノルタphoto - ジャンル:写真

  1. 2007/01/04(木) 22:38:26|
  2. セピア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<秋色の光 ver.紅 | ホーム | 忘却Ⅰ>>

コメント

今日、懐かしい人に会いました。
話せたのはほんの少しだけれど、忘れ去っていた記憶の数々が蘇ってきて、
なぜだか涙が出てきました。

記憶というのは、無くなるものではないんですね。
忘れたものも、きっとどこかにある。
思い出される時を静かに待ってるだけなんだって。
そんな気がします。


忘れたということは忘れている方が幸せなのかもしれないけれど、
忘れたということを忘れないでいたい。

記憶・・・忘れない方法を探してみたけど、なかなか見つかりません。。。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%98%E6%86%B6 Wikipedia -記憶-


それにしても、この写真、この車、とても懐かしいです。
幼い頃の家の車がこんな目をしていたからかな、
この写真と出会った日をもう懐かしく感じ始めているのかな、
この写真を初めて見た時すごい衝撃でしたが、今、その時よりも
強く、強く心を掴まれています。


忘れたということを思い出させてくれる写真だからかな、
とても好きです、この写真。
  1. 2007/06/12(火) 23:05:01 |
  2. URL |
  3. Moiemon #uuJ1NRpU
  4. [ 編集 ]

>>> Moiemonさん


走っていた頃の記憶を失った車。
そして、持ち主からも忘れられてしまった車。


僕の第一印象です。


悲しげに、ひっそりと道端に止まっていました。
今は、もうそこにはありません。


頭の片隅に整理されていく記憶。
普段は思い出さないだけで、決して忘れているわけではないのでしょう。


日常のほんの一瞬を少しでも記憶に残すために、僕はこれからも撮り続けます。
  1. 2007/06/16(土) 14:24:46 |
  2. URL |
  3. noi #TLs4EECE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://noiphotos.blog91.fc2.com/tb.php/8-2effe0ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)