記憶の欠片を集めましょう。

今まで見逃してきた瞬間を取り戻すために。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ  

いつもポチッとありがとう♪

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

爆安弾丸ツアー in 香港・マカオ Vol.2 ~ 香港 #1 ~

リーガルリバーサイドホテルからの景色

ツアー2日目。7:15のモーニングコールで、すっきり目覚める事ができました。中国語のコールだったので、何を言っているのか全く分かりませんでしたが(笑)



空は快晴。旅行日和です。ホテルからの景色が綺麗だったので、とりあえず朝一で撮影。
川沿いには広い歩道があり、ジョギングをしている人やサイクリングをしている人が沢山いました。



さて、いよいよ弾丸ツアーの本番です。



予定表には、びっしりとツアーの予定が書かれています。
「本当に、こんなにいっぱい見て回るのか。。。」と思いつつ、多少の不安を抱きながらのスタートです。



~2日目 香港弾丸ツアー その1~

朝ご飯

まずは、朝ご飯。ホテルのレストランで朝食を摂りました。
店員さんが少なく、僕がレストランに入って来た事さえ気づいていません。席は空いていたので、とりあえず席を取り、少し離れた場所にいた店員さんに近寄り英語で「向こう側の席なんだけど、お願いします。」と話しかけてみましたが返答は無し(笑)
5~6分待たされて、ようやく店員さんが僕の席にやってきました。
料理は早めに出てきて、ほとんど待たされることはありませんでした。



メニューは、お粥と何故か焼きそば(笑)炭水化物定食ですね。
お粥は、とても美味しかったです。
でも、飲み物は付いていませんでした。モーニングコーヒー飲みたかったなぁ。



ゆっくり朝ご飯を食べる時間もなく、バスに押し込まれツアー開始です。



香港の路地

この写真は、バスの中から撮った1枚。
日曜の朝だったためか、お店も閉まっていて人もまばらでした。
「賑わっている路地を散策したいなぁ」なんて事を考えているうちに、最初のツアーポイントに到着です。



トラム

まずは、2階建ての路面電車に乗せられました。香港では、「トラム」と言うそうです。勿論、行き先は分かりません(笑)
時間にすると、約10分くらい。ゆっくりと香港の街を走って行きます。
香港は、2階建ての乗り物が好きらしく、バスも2階建てのバスが沢山走っていました。
ただ単に、いっぱい客を乗せられるからかもしれませんね。



僕たちが乗るバスが待っている場所で路面電車を降ろされ、再びバスへ。
さあ、次はビクトリア・ピークです。



ビクトリア・ピークからの景色

ビクトリア・ピークには、登山電車に乗って行きます。かなり急な斜面を電車は走ります。
5~6分で、山頂に到着。今回のツアーで楽しみの1つだった場所です。
香港を一望できる場所なのでテンションが上がります。



朝は、快晴だったのですが、ビクトリア・ピークに着く頃には空は雲に覆われていました。
ちょっぴり残念。「晴れていれば、もっと綺麗なんだろうなぁ」「まぁ、仕方ないかぁ」と思いながらシャッターを切りました。
ビクトリア・ピークでの自由時間は、10分程度。何枚か写真を撮っただけで終わってしまいました。
お土産とか見たかったのになぁ。さすが弾丸ツアーです(笑)



ビクトリア・ピークから降りる時も登山電車に乗る物だと思っていたのですが、山頂近くの駐車場でバスが待っていました。さすが49800円ツアーですね。経費削減です(笑)
さて、次はレパルス・ベイです。


レパルス・ベイ

此処がレパルス・ベイ。砂が白っぽくて、とても綺麗なビーチでした。監視小屋も豪華な造りでした。でも、何故か真夏だというのにビーチにいる人はまばらです。日本なら歩く場所も無いくらい人が集まりそうな綺麗なビーチだったんですけどね。此処でも自由時間は、10~15分程度。少しで良いから、波打ち際で水に触りたかったなぁ。やっぱり弾丸ツアーですね(笑)



なんと、このビーチには、ジャッキー・チェンの自宅があるそうです。多分此処だと思った所を赤い輪で囲んでみました(笑)もしかしたら違うかもしれないので、違っていたらごめんなさい。



さて、またバスに乗り込み弾丸ツアー再開です。



セントラル・アドミラリティ

これもバスから撮った1枚。香港の中心街、セントラル・アドミラリティです。香港は、こういったビジネス系の高層ビルと高層マンションが数えきれないくらい沢山あります。
ガイドさんから聞いたのですが、香港人の5%が超金持ち。60%くらいの人たちが中級家庭。残りの人たちは貧困層だそうです。そういった貧困層の人たちのために香港政府が援助をしているそうです。高層マンションに住む多くの人が貧困層で家賃を政府から援助してもらっているとの事でした。
マンションの窓が開いている部屋が多く見られました。もしかしたら、エアコンが無いのかもしれません。ちょっぴりテンションが下がりました。



気分を切り替えて、次の場所へ。次は、船に乗ります。



スターフェリーからの眺め(ワンチャイ)

これはスターフェリー(連絡船)からの1枚です。香港コンベンション&エキシビジョン・センターが見えます。香港では、此処を湾仔(ワンチャイ)と呼んでいるそうです。
乗船時間は、10分くらいでした。地元の人たちも頻繁に利用するそうです。
こう見てみると、本当に高層ビルばかりですね。ガイドさんの解説によると、「香港は地震がない。だから高いビルを作る。」という事でした。地震が無いのは羨ましいですね。



こうして弾丸ツアーは、容赦なく続きます(笑)
次回は、ちょっとした事件を紹介したいと思います。



...To Be Continued



~オマケ~

チンタオビール

香港で飲んだビールです。ご存知の方も多いと思いますが、チンタオビールです。とても飲みやすかったです。本当は、2~3本飲みたかったのですが、ツアー中なので1本で我慢です(笑)酔っぱらってしまっては弾丸ツアーに耐えきれないですからね(笑)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ  

いつもポチッとありがとう♪

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/06(月) 00:34:29|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<爆安弾丸ツアー in 香港・マカオ Vol.3 ~ 香港 #2 ~ | ホーム | 爆安弾丸ツアー in 香港・マカオ Vol.1 ~ 旅立ち ~>>

コメント

わぁ、つづき、楽しみにしていました!!
ドキドキしながら読み進め、笑いあり、社会的に考えさせられる所もあり、
すっごく綺麗な写真もあり、とにかくもっともっと
と思っているうちに、To be continued ... ∑|n ̄[] ̄n;|
あぁ、早く続きが読みたいです♪

夜景もとっても綺麗でしたが、この青が重なる景色ではっと
させられました。

それ以上に、セントラル・アドミラリティの青がたまらなく好きです!
うっとりです。。。

湾から見た香港ってとても不思議で、未来都市のような
メタルシティのような、すごくカッコイイんですね!
知らないことばかりで
本当にご一緒させていただいているようでした。

弾丸ツアーが出るたび、思わずくすくす笑ってしまいます。
噺家さんみたいです♪

おかゆにおいしいって書かれているのを見つけました!!
日本人のお客さま向けなんですね♪
妙に美しい書体で、感激でした。

ジャッキー・チェンの自宅にも感激です~♪
顔なんて、見えないかしら・・・
目をこらしてみてしまいましたw

1日で、どれにもコメントしたくなること満載
まさに、弾丸ツアーですね♪♪


早く続きが見たいです。
事件・・・気になる。。。
楽しみにしています!*^o^*
  1. 2012/08/06(月) 21:42:15 |
  2. URL |
  3. 瑠璃 / ラピス #Tz0RdPAA
  4. [ 編集 ]

>>> ラピスさん

楽しみにして頂いて嬉しいです。
ありがとうございます。

長文を書くのが苦手なので、どうしても「To be continued」になってしまいます(笑)

ホテルからの夜景もそこそこだったのですが、ビクトリア・ピークからの夜景は絶品らしいです。
ホテルから離れていたので見る事はできませんでしたが、次の機会があったら是非写真に収めたいと思います。

香港は、とても近代的という印象でした。
そうでは無い所もいっぱいあって、考えさせられる場所もありましたが。。。

今回のツアーは、本当に弾丸の様なツアーで、移動につぐ移動で何処に行ったか覚えていられないくらい濃いツアーでした(笑)

お粥の茶碗に「おいしい」って書いてあったんですね。
全く気づきませんでした(笑)
まぁ、本当に美味しかったからいいかぁ~なんて思ったりして(笑)

ジャッキー・チェンの自宅は、ちょっと怪しいかも。もしかしたら違うかもしれません。
このビーチにあるのは間違いないらしいのですが。

香港の人たちは海水浴をあまり楽しまないようですね。
こんなに綺麗で穏やかなビーチなのに、写真の通り本当に人がまばらでした。
勿体無いですよね(笑)

これから、香港#2を書きます。
時間のある時に読んでやって下さい(笑)
  1. 2012/08/08(水) 22:07:38 |
  2. URL |
  3. noi #TLs4EECE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://noiphotos.blog91.fc2.com/tb.php/317-b86e8d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)